2015年

12月

24日

2016年はTPPを止める年!! STOP TPP!! 官邸前アクション 1月5日(火)18:00~19:30

【転送・転載歓迎】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年はTPPを止める年!!    

STOP TPP!! 官邸前アクション

http://tpp.jimdo.com/2015/12/24/1-5-kanteimae/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

●日時:2016年1月5日(火)18:00~19:30

●場所:首相官邸前(国会記者会館側)

●内容:各界参加者、国会議員からのスピーチ。とびいりスピーチ大歓迎、ぜひ参加を

 

“国会決議・公約、民意も無視した「合意」は撤回を!調印・批准などありえない!”

 

 10月5日「大筋合意」が発表され、11月5日には暫定版とはいえ協定文が公表されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)。安倍内閣は、協定「概要」しか公表しないまま、補正予算の目玉にTPP事後対策を据えるなど、まるでTPPはケリがついたかのように振る舞い、マスコミも同調しています。しかし、協定の調印も国会議員への協定文開示もまだ、そもそも批准されるかどうかはこれからの議論次第です。

 

 協定文を見れば、政府が「例外をかちとった」と宣伝している農産物関税も、少なくとも7年後には再協議を受け入れる仕組みになっており、いずれ関税は撤廃される危険があります。医療の営利化や食の安全も心配。そもそも発効後3年以内に協定の見直しが規定され、新たな参加国を受け入れる意欲も満々。政府の「今の12カ国相手であれば影響は限定的」などという説明は通用しません。「TPPは今のままでは終わらない仕組み」になっているのです。まだまだ疑問は尽きません。

 

 明らかに国会決議に違反した秘密交渉を続け、その結果は驚くべき内容。しかも、来年2月4日には調印する動きが伝えられています。こんな「合意」を国民や国会に押しつけることは絶対に許されません。

 

 STOP TPP!! 官邸前アクションは、2012年8月に行動を始めて3年余。声を大にしてよびかけます。 

 

“2016年はTPPにケリを付ける年。TPPに反対、疑問を持っているみなさん! 

 毎月第1火曜日、TPPを止めるまでSTOP TPP!! 官邸前アクションに合流を!”

 

------------------------------------------------------------------

●呼びかけ人(さらに募集中!):内田聖子(アジア太平洋資料センター〈PARC〉)/坂口正明(全国食健連)/住江憲勇(全国保団連)/醍醐總(東京大学名誉教授)/舘野豊(全農協労連)/中野和子(弁護士ネット)/中野千香子(日本医労連)/まつだよしこ(TPPって何?)/吉川利明(農民連)

 

●あなたもよびかけ人になって、まわりに参加を呼びかけて下さい。「よびかけ人」登録は、下記メールアドレスへ

 

------------------------------------------------------------------

【主催・お問合せ】

STOP TPP!! 官邸前アクション実行委員会

〒101-0063 千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F

アジア太平洋資料センター(PARC) 気付

TEL.03-5209-3455

FAX.03-5209-3453

mail:office@parc-jp.org

web:http://tpp.jimdo.com/

twitter:https://twitter.com/TPP_kantei (当日の実施状況はツイッターにて告知します)